ブログの書き方


先日の卒業生に向けてのエントリーには、いろいろリアクションをいただきまして、ありがとうございました。気を入れて書くと何か返していただけるものですねぇ。常時あんなに気合入れて書くというのはできませんが、これからもお付き合い下さいませ。
で、いつまで続くのか、いや、そもそも始まるのかどうかも怪しいところですが、できるだけ快調な更新をしていきたいと思っているのですよね。

私の考える事なんてどうでもいいようなことばかりですが、どうでもいいようなことだったとしても、それをまとめて整理することを習慣づけられればいいんじゃないか、と考えています。筋力トレーニングみたいなもんです。自分が考えていることを、人に伝えるために必要となる筋力を鍛えておきたいのです。

 

文章を書いてみて判ることがあります。私の場合、あまり良く考えずに文章を書いていくとすぐに「〜と思います」的な文末が多くなるのですよ。
思いますおもいますって、小学生の作文じゃあるまいし。
そうやって何とはなしに文末をぼやかして、言い切らない事で責任を回避しようとしている感じが嫌だなぁと。つまんないことでも、こうして書いてみる事で、自分がいかに煮え切らなくはっきりしない優柔不断な奴なのか、ということが見えてくるのですよ。
だからそこは書きながら修正して、言い切ることができるところはどんどん言い切って行くわけです。そうすることで、ぼんやりと考えていたことも少しは自分の中で形が定まってきますし、何かを書くということが自分がどう在りたいのかということを確認するための術になる、ということですね。

そんなことも考えつつ、書くための道具やら、方法、時間などを工夫して、続けられるやり方を見つけることが出来ればと思ってます。

このサイトはWordPressというのを使ってますが、これはなかなか良く出来ていて、サイトを「生かす」ためにはどういった作りになっているべきなのか、ということがよく考えられていますよね。
例えば、書きかけの文章を「下書き」として保存しておけば、ネットに繋がる環境さえあれば、どこからでも、どんな端末からでも続きを書くことができます。こんな感じで自主的にやってると、書きたいことがあったんだけどなぁ、何だったっけ?みたいになることもありますが、(お前が呆けてきておるのだというご指摘はご遠慮ください)思いついた時に概要だけでもメモっておけば、そんなことにもならずに済みます。

見た目のデザインでもいろんなことが出来るのですが、最初に気合やらコストを掛けてシャレオツ(ギョーカイ用語)なものを作ったとしても、それは一度見れば終わりですからね。それだけだと、継続しないですよね。テキストしかなくても頻繁に更新されているサイトの方が「生きている」感じがします。新陳代謝の無いものって、生きてるんだか死んでるんだかよくわからないですからね。無償で利用できるもので、こんなに良くできたものがあるのですから、いい感じで使って行きたいものです。
今のところ、ここは「瀕死」といった感じですが、もうちょっと活力のある感じにしていく所存です。

生暖かく見守っていただければ幸甚でありますです。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。