Profile

おかもとだいすけ

1989年から1993年までの間「現代の波」現代音楽祭などで現代音楽作品「風の記憶」「風の伝言」「風の黙契」「風の氷点」「風のシナプス」の一連の作品を発表。1991年には、「After Dinner」のメンバーとして、カナダで行われた音楽祭「Festival International de Musique Actulle de Victoriaville」に出演するなどの活動を経て、1993年にソニー・ミュージック・アーティスツ主催によるオーディション「GEAR HEAD MUSIC AUDITION ’93」での受賞を期に大阪から上京。
その後、ソニー・コンピュータ・エンタテインメントより発売されたビデオゲームタイトル「上海 万里の長城」「PAQA (パクァ)」の音楽や、映画「弾丸ランナー」「ソクラテス」「ポストマン・ブルー ス」「アンラッキー・モン キー」の音楽、竹中工務店100周年記念CD-Rom「TAKENAKA WORKS 100th anniversary」、アニメーション「バーバパパ世界を まわる」のオープニング、エンディングテーマ曲、テレビドラマ「NHKドラマDモード「深 く潜れ~八犬伝2001~」」「NHK連続ドラマ「恋セヨ 乙女」」「NHK月曜ドラマシリーズ 「結婚泥棒」」「NHKよるドラ「もっと恋 セヨ乙女」」「NHKワンミニッツドラマ 「エル・ポポラッチがゆ く!!」」「NHK福岡発地域ドラマ 「いつか逢う街」」「昭和の爆笑王ドラマスペ シャル「林家三平ものがたり おかしな夫婦でどーも スィマセーン!」「NHK福岡発地域ドラマ 「飛ばまし、今」」「NHK福岡発地域ドラマ 「博多はたおと」」などの音楽を作曲する。
また、2009年にはソロCD「memories of the air」を発売。
2013年からは電子音響作品の発表も再開し、日本電子音楽協会創立20周年記念事業「時代を超える電子音楽」コンサート「騒音芸術百年」において「concerto 1」を、日本電子音楽協会「電力芸術演奏会2013」において「独慎の風」を自作自演により発表するなどの活動も行っている。